ヴェルヌワールド発売から22年

image

…ということを急遽思い出して制作したイラストの下描きです。

『CAPTAIN NEMO』熱がまだ冷めないので、ネモ船長を描きました。

『CAPTAIN NEMO』もだけど、学研の『10歳までに読みたい世界名作 海底二万マイル』のネモ船長も若くて超美形に描かれてます(笑)
あ、今回のイラストはヴェルヌワールド版のキャラクターデザインですけどね。

児童書版はコンセイユ視点で話が進むので、彼も若返って10代の男の子になっちゃってます。

ネッドとアロナクスは原作どおりおっさんです。
まあ、そうでないとキャラ設定に説得力がないわな。というか、おっさんだからいいんじゃないか。

と言いつつ、ネッドが一番好きなのに、児童書と舞台の影響でネモ船長にちょっとときめいてしまった自分がいる(^_^;

イラスト描いてたらますますヴェルヌ熱が上がってきたので、
次回の新刊はヴェルヌワールド本で決定ですね!

内容ですが、ホストロボメインの話を考えております。
タイトルと表紙のイメージは既に固まってます( ^^)

またしばらくしたら画像アップするかもしれないです。

時間置いたら

また宝塚を観にいきたくなった

見終わってすぐはそうでもなかったんですけどねー
なんかじわじわ効いてきたというか…

ハマると危険なやつってわかってたけど、ネモ船長の誘惑には勝てなかったんですよーヾ(・ω・`;)ノ

宝塚以外の舞台も観に行きたくなったし、どうしてくれんだよー(;・д・)

…という、嬉しい悲鳴。

元々美術・芸術は大好きなので、これをいいきっかけにして、さらに開拓を進めていこうかと思っております。

初・宝塚

今日は梅田芸術劇場に、『CAPTAIN NEMO』を観にいきました!

高速バスが渋滞で遅れたおかげで、最初の15分くらい見逃しちゃったんですけどね(つд`)

後日、今日の公演がDVD化されるらしいんで、それ買おっかなーと思ってます(´`)

タカラジェンヌの歌と踊りのレベルが高くて超すごかったです(゜ω゜)
一番後ろの列だったのに、ちゃんとセリフが聞き取れたんですよ!
主演の方は終始出番があるのに、全く疲れた様子を見せないし、プロってやっぱりすごいと思いました。
オペラグラスを用意してなかったのが残念でした。
まあでも、全体の動きを見ることができたからいっか。

内容は、原作の『海底二万里』をベースに脚本の方が
アレンジした作品だったみたいで、かなり別物です。
『神秘の島』の要素も入ってんのかなー?そっちは読んだことないので比較できませんが。

でもヒロインとのラブロマンスがあるって時点で、原作とは違うってわかるという(笑)まあ、恋愛がメインテーマではないのですが。そこは良かったです。

基本男しかでてきませんからねー、ヴェルヌの作品って。

いやでもまさか、ヴェルヌワールドがきっかけで、こんなにヴェルヌ作品に興味を持ち、好きになるとは思ってませんでした。

ヴェルヌワールド様々ですな。

よし次は、ディ○ニーシーの海底二万マイルだ!

ちなみに最終目標はフランスのレ・マシーン・ド・リルです。あとジュール・ヴェルヌ博物館も。