初の海外旅行!フランス3泊5日の旅<上海浦東国際空港到着~CDG空港到着>

関西空港から浦東国際空港までおよそ2時間。到着後、タラップから降りてバスでターミナルビルまで。ここまでは順調。

チャイナエアラインはスルーチェックインの場合、案内板を持った係員の人に付いていけば、入国手続きをせずに乗り継ぎができるのですが、案の定その係員を見落としたまま他の旅行客に付いて行ってしまい、入国審査を受けるハメに…orz

事前に読んだ公式の乗り継ぎガイドには入国カードのことなんて書いてなかったからパニックに。でも通ってきたゲートは閉じちゃってるから引き返すことも出来ず、言われたとおり入国カードを書いて入国審査を受けました。メガネをかけていたため何度も顔を見比べられました…。そしてここで指紋認証と顔認証を受けました。ちなみにカードの入国目的のところに何もチェックを入れずに見せましたが、特に何も言われませんでした。

受けた後は乗り継ぎのルートがわからず、片言の英語でインフォメーションセンターのお姉さんに乗り継ぎへはどうやって行けばいいのかを聞きました。

翻訳機をこのタイミングで試しに使ってみようと思ったんですが、中国語が3種類くらいあって、(ど、どれ使えばいいんだこれ…?)となったので使えませんでした(ノД`)・゜・。

曰く「ここから先の出口から出て3Fへ行って」とのこと。ここで、トランジットに余裕のある人は、一旦中国に入国して観光を楽しむことがある、ということを思い出してちょっと冷静になる。

3Fへ行って奥の国際線出発口まで。今度は出国審査でまた同じ内容のカードを書いて通過。ここでも目的の欄はチェックを入れませんでしたが通過できました。

で、厳しいと噂の手荷物検査へ。ネットで予習していたため透明な(すぐ取り出せるよう封はしませんでした)に検査にひっかかりそうなもの(鍵、デジカメ、音楽プレーヤー、電子メモパッド)をまとめて入れておきました。(この内、音楽プレーヤーと電子メモパッドはそれぞれ乾電池とボタン電池で動くものでしたが、カバンに入れっぱなしだと何かあった時に説明できないから一緒にジップロックに入れました。)スマホは首から提げていたのでそのままトレーに放り込みました。レンタルWi-Fi等が入ったポーチはジッパーを全開にして中身が見えるように。私の前の前の人が、検査員のお姉さんに「やり直し!」と言わんばかりにキャリーをバァン!!と検査台の上に叩きつけられているのを見て震え上がりました(゜ロ゜)

ずっと手に持っていたパスポートと搭乗券を担当のお兄さんに見せるとなにやらスキャンされて、「傘は?モバイルバッテリーは?」と聞かれたので「モバイルバッテリー」と言ってさっきジッパーを開けたポーチを指差す。モバイルバッテリーを取り出されたけど、金属探知機に行って、と案内されただけで荷物の内容についてはそれ以上つっこまれませんでした。

今回もロングカーデ着たまま検査を受けました。さすが厳しいだけあって、体の表面をモップみたいな探知機でなぞられました。ちょっとビックリしたけど、ここでうかつに反応しては絶対に怪しまれるぞと思い、平静を保ちました。検査する人も女性だったからそんなに抵抗なかったし。前側が終わったら今度は後ろ側。ズボンのサイドの刺繍のわずかな膨らみが気になったようで、そこを何度も往復されました。もちろんやましいことは何もないので無事通過。よかった、手荷物も引っかからなかったみたいです。

搭乗口へ出てみると、時間はまだ20時前。飛行機の搭乗時間は0時15分。…やばい、めっちゃ時間ある。

い物も食事もする気分になれなかったので、持ってきた音楽プレーヤーをボーっと聞きながら搭乗時間を待つ。ついでにWi-Fiの電源は忘れずオフにしておく。最初誰もいなかったのが、2時間くらい前になってくるとどんどん人が集まってくる。おお、ここでもやっぱりほぼ中国人だ。

見るとみんな水筒を持参してて、ウォーターサーバーで水を汲んでいました。ほんとにみんな。全員と言っても過言じゃないくらい中国の人みんな水筒持ってんの。で、使い方わからない人がいたら、こうするんだよって教えてあげてるの。困ってたらどこの国の人とか年齢とか関係なく、中国の人が使い方を教えてあげてるの。私これ見たとき感動しましたよ。そういえば飛行機の中でも、荷物棚になかなか荷物を入れれなくて困っているおばあちゃんを、若い男の人が代わりに入れてあげてたなあって思い出して。検査場のひとはピリピリして怖かったけど、一般の人は親切なんだなあって。

そろそろ眠くなってきたかなって頃にようやく出発。ここでもバスに乗って移動。途中何かトラブルがあったのか停車する。20分くらい遅れて飛行機が飛んだ。寝る前に夜食が出る。ポークライスとチキンヌードルのどちらがいいか聞かれて、私はチキンヌードルを選択。一緒に付いてきたパンはあんパンでした(^^;)美味しかったけれど、食欲がなかったので半分くらい残してしまいました。

ちなみにここでも中国の方がCAさんに頼んで水筒に水を補給していました。CAさんも当たり前のように水を注いでたし。もしかしたら中国では普通のことなのかもしれないですね。

あとは寝て到着を待つだけ。始めは12時間も眠れるんだろうか、と不安でしたが、すぐに眠りにつけました。ネックピロー(ダイソーで300円のやつ)を持参してたし、たまたま隣が空席で、ある程度自由に姿勢を変えられたからかもしれません。途中3回くらい「タービュランス」と聞こえてきましたが、そんなに揺れなかったです。

気がついたら朝食の時間に。チャイニーズとウエスタンのどちらがいいか聞かれ、ウエスタンを選択。パンにウインナーにハッシュドポテト、そしてデザートに黒いゼリー?のようなお菓子。中国語なので食べても正体がよくわからなかったです。※後日たまたま似たような食べ物(仙草ゼリー)をネットで知って、調べたところ、おそらく『亀ゼリー』だったのではないかと思います。フタに亀のイラスト描いてたし。

予定より15分くらい早くシャルル・ド・ゴール空港に到着したみたい。そうか、とうとうフランスに着いたんだな…

果たして無事ナント行きのTGVに乗れたのか?続きはまた後日。

 

投稿者: 成山柑菜

レトロゲーム(マイナーRPG中心)をプレイするのが好きです。 成山柑菜(旧PN:成山カンナ)の名前で同人活動を行っています。オン・オフ両方で活動していますが、オフの方は現在ほぼ休止状態です。イベントに参加することがあればこちらのサイトで告知いたします。(SNSのアカウントはpixivのみ保有しておりますが、BOOTHの利用のみで、イラストの投稿は行っておりません) なにかありましたら以下のメールアドレスまで。(お手数ですが、☆を@に変えて送信してください) shirokiji22☆kanna0915.catfood.jp ※お手数ですが、本文に返信用メールアドレスも添えて送信してください。 閲覧制限のある記事はこちらのパスワードで※ご了承いただける方のみ使用して閲覧してください※→startrain_r15

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください